乗車拒否な毎日

脱毛部位

脱毛計画を立てたら、次は脱毛したい部位を考えてみましょう。

家庭用脱毛器でもたいていの部位を、脱毛することができます。
しかしやはりサロンやクリニックのように、プロに脱毛してもらえるわけではありません。
そのため、どうしても脱毛することができない部位があります。

Iラインと、Oラインは、脱毛をすることができません。
この部位はとてもデリケートな部分です。
また目に見えにくいため脱毛をしずらいです。
どうしてもIラインやOラインの脱毛をしたいのであれば、サロンやクリニックへ行きましょう。

また顔の脱毛も、家庭用脱毛器の中には対応していないものもあります。
顔のムダ毛を脱毛したいのであれば、顔の脱毛をすることができる家庭用脱毛器を購入しましょう。

そして脱毛することが可能であっても、自分で脱毛をしにくいところ、
見えずらいところ、手が届きにくいところは、避けておいた方がいいですね。

だれかほかの人にお願いしてみましょう。

ミュゼの申込み方法を知りたいならコチラ